習い事

幼少期

幼少期の子供の習い事として最適なのはピアノである

幼少期の習い事はお子さんの人生を決めてしまうかもしれない重要なものですが、特にお子さんの希望が無い場合は、最適なのはピアノだと感じています。ピアノは、指先を使うという点で脳に非常に良い刺激を与えます。
幼少期

幼少期の習い事として英語や英会話は効果が薄い?英語教育のデメリットについて

幼少期の子供の習い事としてよくあげられるのが「英会話」ですが、これにはあまり効果が無いと思われます。というのも、は日本語もまだ完全でない子供の脳には二つ目の言語は理解しきれないからです。
タイトルとURLをコピーしました