TVCMでも話題のスタディサプリを無料で利用してみませんか?

(2021年度大学入試)横浜国立大学が2021年度は大学入試を実施しないことを発表!?

未分類

横浜国立大学は7月31日、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、2021年度一般選抜の個別学力検査を実施せず、すべての学部で自己推薦書の提出を求め、大学入学共通テストの得点を用いることを発表しました。

横浜国立大学公式ページ

横浜国立大学

横浜国立大学が二次試験を中止してしまう。

いや、、、、、コロナウイルスの影響は計り知れないですね。。。。

横浜国立大学が二次試験を行わず、これまでのいわゆる「センター利用」のように大学入学共通テストの点数で合格者を決定してしまうそうです。


かなり検討した結果でしょうが、これはかなりとんでもない事だと思います。

もともとセンター試験(2021年度から大学入学共通テスト)は受験生の基礎的な能力を測るためのもので、ほとんどの受験生が受験します。

それに対し大学が個別で行う二次試験は、大学が「欲しい学生」を選び抜くために、その適正があるかどうかを見極めるためのものです。

例えば京大と東大の印象は大きく異なります。

東大生は「優秀」。京大生は「どこか特殊」といったようにです。

これは入試によって生徒を選び抜いた結果なのです。

東大は優秀な学生が欲しく、京大はどこか違った視点を持つ生徒が欲しいというメッセージの表れなのです。




つまり、その二次試験を行わないという事は、横浜国立大学は2021年度、「欲しい学生」を選ばないという事なのです。

それは、、、、大丈夫なのかな。。。。。。と思います。


入試というのはただの試験ではなく、受験生に対する「大学からのメッセージ」なのです。

例えば京大の英語にこれまでほとんど出題されなかった自由英作文が出題されれば、「京大も変化していくぞ思っているのかな」と次の年の受験生は読み取ります。

物理で宇宙の話が出れば、「宇宙に興味を持ってほしいという事かもしれない」「大きな視点を持てという事かもしれない」「ニュースに目を向けろという事か・・・?」と受験生は読みます。


入試というのは本当に大きな意味を持つのです。

それをやらない。。。。というのは。。。。。。


はたして。。。。。。


どうなんでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました