TVCMでも話題のスタディサプリを無料で利用してみませんか?

大学入学共通テスト、「第2日程」希望は約3万2,000人

教育ニュース

文部科学省の調査によると、2021年度大学入学共通テストについて、高校3年生が希望する受験日程は「第1日程」が約43万1,000人、「第2日程」が約3万2,000人であることが明らかになりました。

萩生田光一文部科学大臣記者会見録(令和2年7月31日)文部科学省

大学入試共通テストの第二日程について


2021年よりセンター試験に代わって行われるという事でいろいろややこしい大学入試共通テストですが、さらに2021年度は面倒くさいことに、

当初から予定していた第1日程「1月16日・17日」の他、新型コロナウイルスの影響に伴う学業の遅れを在学する学校長に認められた者を対象に、第2日程「1月30日・31日」が設定されています。


つまり、「コロナのせいで大学入学共通テストの勉強が間に合わない」という受験生に対して、「じゃあちょっと後ろの日程で受けてもいいよ」という第二日程が設定されているという事です。

これには、「学校長の許可」が必要なのですが、大抵の場合ほとんどの学生は第二日程で受験することが可能だと考えられます。

第二日程で受験しない方が良い

今回の文部科学省の発表で、第二日程を利用する受験生はかなり少ないということが分かりました。

基本的に受験は、あまり特殊な事をしないほうが上手くいきます。

メンタル的にも落ち着きますし、情報も手に入りやすいからです。

今回、第二日程での受験の方が勉強期間が延びて一見受験生にとって有利に見えますが、やはり多くの受験生がそうする通り「第一日程」で普通に受験する方が安全でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました