TVCMでも話題のスタディサプリを無料で利用してみませんか?

数学や算数の苦手な人と得意な人の差、違いとは?

学校教育

色んな人と話をしていると、数学の得意な人と苦手な人というのは、ハッキリ2つに分かれているように思います。

円周率とは

円周率と言えば、円の面積や円周の長さを計算するときに使う定数のことで、数学ではよくπ(パイ)と表されます。


日本では円周率を一般的に小学5年生の算数で習いますが、面積の公式だとか円周の長さの公式だとか、色々ややこしい事を言われた末に、
円周率とは一体何なのか、未だにイマイチよくわかっていないという方も少なくはないのではないでしょうか。


例えば、円の面積を計算する公式は
半径×半径×円周率ですよね。

これを図にしてみると、

この10×10の小さい正方形の面積に、円周率3.14をかけると、大きい円の面積になるという事です。

「円の面積はこの小さい正方形の3個とちょっと分ですよ」

まぁ、それだけなのです。円周率と言われると複雑な計算があってよくわからないものに感じてしまいそうですが、ただ、この円の面積÷半径の大きさの正方形=円周率というだけです。

簡単ですね。
(「そんなの当たり前だろ」と思われた方は申し訳ありません。)

無限に続く円周率

しかしこの簡単な円周率ですが、なんと、ただの数字ではありません。

そう、多くの方がご存知の通り、円周率というのは、小数点以下で無限に続くのです。

円周率

無限に続くという事は、最後の数字がわからないという事です。

それは実は、円周率という数字はこの世に無いと言うことも出来るのです。




しかしおかしいですね。

さっきの計算によると、円周率は円の面積÷半径の大きさの正方形で計算できる簡単なものだったはずです。

実際にその辺から円と正方形を持ってきて、面積を測ってしまえば簡単に円周率が分かりそうな気がします。

完全な円はこの世に存在しない。


しかし、ダメなのです。

実は、完全な円というのはこの世に存在しません。

ペットボトルのフタですとか、扇風機ですとか、この世にある丸に見えるもの全ては、実は完璧な丸では無いのです。

〇←これも、完全な円ではありません。

他にも、例えば完璧な線というのはこの世に存在しません。

線は面積が0なのですが、鉛筆で書く線は鉛筆の太さ分の面積があるので線ではありません。

完璧な線は目に見えないのです。

つまり、この世にありません。

数学の世界と現実の世界

これが、算数や数学のややこしい所で、多くの人がつまづいてしまう原因だと思うのですが、算数や数学で扱っているのは、この世の話ではなく、数学の世界の話なのです。

例えば、先ほどの円を用いて、「この円の面積を計算しなさい」と言われれば、

現実の世界での正しい答えは、「これは完全な円じゃないので答えは分かりません。」
となります。

しかし、数学の世界では「10×10×3.14で314㎠です。」というのが正しい答えとなります。


つまり、数学の世界というのは、「まぁ細かい事を言うのはやめとこ、適当にやろうや」という世界なのです。

「まあ正確には円じゃないけど、円という事にしとこ」という世界なのです。

数学の苦手な人と得意な人の違い


数学の苦手な人というのは、真面目な人が多いのです。
なかなかこの適当さが理解できません。


むしろ、「数学はキッチリしていなければならない」と思い込んでいて、数学の罠にはまってしまっている人が実に多いのです。

数学の得意な人が考えているのは、実は、「答えさえ出れば良い」という事なのです。


細かい事を考え出すと、数学は意味不明です。世界の誰にも分らないことばかりです。


それを数学の苦手な人は、「うわああこれが分からないなんてヤバイ」と思ってしまうのです。

真面目に考えすぎると、数学はダメなのです。


つまり、数学の得意な人とそうでない人の違いは、
「数学を、『問題が解ければいい』と思っているか、『ちゃんと理解しなければならない』と思っているか」
これだけです。

例えば、東大生に、「なんで積分したら面積が分かるの」とかそんな事を聞いたとしましょう。

すると、ほとんどの東大生は、「いや、わからない。まあでも問題は解けるから問題ない。」と答えるでしょう。

数学の苦手なお子さんへのアドバイス


もしお子さんに算数や数学に関してアドバイスをするなら、
「意味不明でもいいから、とにかく問題をやってみなさい。問題さえ解ければ良いから。」と言うのが一番良いでしょう。

真面目な子供というのは、公式を覚えるだけでなく、その意味まで理解しようとしてしまうのです。

勿論、それが出来れば素晴らしい事ですが、出来ずにそこでずっと立ち止まるくらいなら、丸覚えして次に進んだ方がよっぽどいいのです。

「公式は使えさえすればいい。」

これが理解できているかいないかで、全ては決まってしまうのです。




ちなみに、円周率ですが、最近Googleによって31兆4000億桁まで計算されたそうです。

永遠に続く「円周率」は、Googleによって、小数点以下31兆4000億桁まで計算されている(ダイアモンドオンライン)

何の意味があるのかわかりませんが、無限にランダムな数字が続くという事は、どんなパターンでも出てくるといという事で、円周率にはこの世の全てが詰まっているという事だそうです。


もう一つちなみに、円周率というのは、こうやって表すことが出来ます。

ラマヌジャンの円周率公式
ラマヌジャンの円周率公式

こんなの理解しようと思ったら、永遠の時間がかかります。

「ああ、円周率ね。πでしょ。知ってる知ってる。」

こう言っておく方が、何倍もラクで賢いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました