TVCMでも話題のスタディサプリを無料で利用してみませんか?

教師の申し込み忘れで高校生18人が国家試験受けられず。(教育ニュース)

ミス教育ニュース

国家試験、高校生18人受験できず 1種電気工事士、教員申し込み忘れ 福島(毎日新聞)

3日、福島県教育委員会は、喜多方桐桜高校の教員が国家資格である第一種電気工事士試験の申し込みをしなかったため、電気、電子科の生徒18 人が10月4日に行われる試験を受けられなくなったと発表しました。

申込期限は7月2日までで、3日に担当教員が状況を確認し、申し込みが出来ていないことが発覚しました。

同行は三日、受験予定だった3年生10人と2年生8人、そしてその保護者に経緯を説明し謝罪しました。

第一種電気工事士の試験は年1度のみで、3年生は在学中に受験することが出来なくなったという事です。

生徒の人生を預かっている教師

ああ、、、、、、、これはやってしまいましたね。。。。気付いた時真っ青になったのではないでしょうか。

試験に向けて準備してた学生もいたでしょうし、この資格が就職に必要だという3年生もいたのではないでしょうか。


しかし、、、うっかりミスっていうのは誰にでもあるので仕方ないんじゃないかと思うんですよね。

教師という職業は、多くの若者の人生を預かっている割には、優秀な人材やそもそもの人数が足りていないような気がしますね。

この件も確かにウッカリした教師は悪いですが、むしろ日本の構造的な問題なんじゃないかという気がしなくもないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました