2021年の大学入学共通テストは、第二日程で受けるべきか?

英単語未分類

大学入学共通テスト「第2日程」に疑問の声(朝日新聞EduA)

19日、コロナウイルスで授業が遅れている状態で大学入学共通テスト(旧センター試験)を行う事への対策として、「第二日程」が発表されました。


「第二日程」とは言わば追試の様なもので、本来の大学入学共通テストの日程は2021年1月16日と17日の二日間ですが、
そうではなく30日、31日に受験する事を受験生が選べるという制度です。


今までのセンター試験では追試の受験は体調不良などの理由に限られていましたが、今回は「学習の遅れ」を理由に第二日程での受験を許されるので、実質誰でも第二日程を選べるという事になります。

2021年度大学入試の変更点について

第二日程のメリットとデメリット

第二日程を選ぶメリットは、やはり大学入学共通テストへの対策時間が増やせるという点です。

元々センター試験対策にかけられる時間というのは限られており、東大の受験生や京大の受験生でも、不完全な状態でセンター試験を受けるというのはよくあるパターンでした。

そんな中来年の大学入学共通テストでは、二週間長く対策を取れるという事で、第一日程で受けるよりも少し有利かもしれません。


デメリットとしては、まず一つ、「絶対に第二日程の問題は簡単にはならない」という事でしょうか。

第一日程と第二日程の問題は異なり、正式発表では問題の難易度は同じにするとされているのですが、違うテストにおいて全く同じ難易度という事はあり得ません。

どうしても少しの差が出来てしまうのですが、第二日程の問題の方が簡単であると、世間からかなりのバッシングが来ると予想されるため、おそらく第一日程の問題の方が少し簡単であると予想できます。


もう一つのデメリットとしては、二次試験の勉強時間が減ってしまうという点です。

受験生は大学入学共通テストを受けた後、受験の本番である二次試験の勉強にシフトするわけですが、この期間というのは多くの場合一か月ほどしかありません。

受験生はこの受験直前の一か月、全力をかけて志望校の対策をするので、この期間が2週間も減ってしまうと、大きく不利となってしまうのです。

「大学入学共通テスト」の問題点とセンター試験との違いについて

第二日程はどのくらいの人数が受けるか

コロナウイルスへの対応策として出された「第二日程」ですが、実際はほとんどの受験生が利用しないのではないかと予想できます。

2021年から始まる大学入学共通テストですが、これまでのセンター試験と大きな違いは無いと思われます。

特別なことはせず、センター試験の対策を普通に行っていれば、良い点数が出ると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました