字の汚さはテストの点や成績に影響するか?

未分類

中学校のアルファベット書き方指導、ひどすぎる

アルファベット 書き方
アルファベット 書き方
アルファベット 書き方

上の画像は、中学一年生に対するアルファベットの書き方についての指導です。

実際このように正しく書かなければ、テストで減点される学校もあるようです。

うーむ、、、、なんだか、、、、これには違和感がある。。。。

本質を外している様な気がする。


さて、果たしてアルファベットに関わらず、文字というのは本当に正しく書かなければいけないものなのでしょうか?

子供には、文字を正しく綺麗に書くように教えるべきなのでしょうか?

アルファベットは正しく書かなければいけないのか?

結論から言ってしまうと、文字は綺麗に書く必要はありません。

中学校のテストレベルでは減点されることはあるかもしれませんが、大学の入試で字が汚いからという理由で減点されることはまずありません。

よくよく考えれば、東大の入試で文字を丁寧に綺麗に書いていたら間に合うはずがなく、確実に不合格です。


実際、東大生や京大生の文字は非常に汚いことが多いです。

東大の法学部を卒業しており、東進衛星予備校で国語の講師をしながらテレビで活躍している林修さんはこう語っています。

林修

「灘高校の連中はホント字が汚いでしょ。この子が典型で、ボク『灘文字』って呼んでいるんですけどね、ホントにね、ノートとか字が汚い生徒多いんですよ。本当のトップはノートもけっこう良く分からないのも多いし、2番手のグループになると、綺麗に作るんですよね」

私も経験がありますが、頭の良い学生は字が汚いことが本当に多いです。

ノートにも本人にしか読めない様な文字が並んでいます。

(参考)東大生や京大生のノートの取り方

理由としてよく言われるのは、「頭の回転スピードに手のスピードがついていかない」という事です。

本当に頭の良い学生はノートを取りながら次の事を考えるので、綺麗に書いていたら埒が明きません。

つまり、彼らは効率化のために字を綺麗に書かないのです。



アルファベットに関してですが、難関私立中学では中学一年生でいきなり筆記体を練習させる学校もあるくらいです。

これも文字を書くのに使う時間を減らし、効率化するためのものです。

彼らは東大を受ける時も京大を受ける時も筆記体を使います。それで全く問題ありません。



アルファベットや文字を綺麗に正しく書く練習というのは、全くの無駄なのです。

正しい書き方というのは、知っているだけでいいのです。

子供にはむしろ、文字は綺麗に書くな、好きなように書きなさいと教えるべきなのです。

将来ノートばかり綺麗に書くのにこだわって、授業を全く聞けていない、となるのが一番困るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました