TVCMでも話題のスタディサプリを無料で利用してみませんか?

スポー選手の良い卒業文集の例(錦織圭、イチロー、本田圭佑、北島康介、石川遼)

学校教育

ほとんどの小学校で6年生に課される卒業文集。

作文のテーマは基本的に自由で、なかなか何を書いていいのかわからないお子さんも多いかと思います。

作文というのは作法に拘ず、基本的に好きな事をに適当に書けば良いのですが、
今回はお手本として、成功したスポーツ選手がどのような卒業文集を書いていたのかという事をまとめてみたいと思います。

イチロー選手の卒業文集

イチロー選手 卒業文集

僕の夢

 ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。活躍できるようになるには、練習が必要です。ぼくは、その練習にはじしんがあります。ぼくは3才の時から練習を始めています。3才~7才までは、半年位やっていましたが、3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。
だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。

ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。ぼくがじしんのあるのは、投手と打げきです。去年の夏ぼくたちは、全国大会へ行きました。そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバ-1投手とかくしんできるほどです。打げきでは県大会、4試合のうちに、ホ-ムランを3本打ちました。そして、全体を通して打りつは5割8分3りんでした。このように、自分でもなっとくのいくせいせきでした。そして、ぼくたちは1年間まけ知らず
で野球ができました。だから、このちょうしで、これからもがんばります。

 そして、ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

野球 イチロー選手



いきなり自分の夢の宣言から始まります。
そしてその夢を叶えるのに必要な事、自分のやってきたことに対する自信。度々出てくる具体的な数字。

とても小学生とは思えません。圧倒されます。

スポーツ選手として成功するためには、精神、才能、頭脳の全てが必要なのだなと感じます。

本田圭佑選手の卒業文集

本田圭佑選手 卒業文集

「将来の夢」
ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

本田圭佑
サッカー本田圭佑選手

「なりたいと言うよりなる」

スパイクやジャンパー、セリエAの10番の話など、恐ろしいほどの具体性。

今はあまり珍しくありませんが、本田選手がこれを書いた頃はまだ日本人が海外サッカーで活躍することなどまだイメージするのすらも難しい時代です。

それなのにその夢は、現実化します。

本田選手はイタリアの名門ACミランの10番となり、レギュラーとなりました。

意志の強さがいかに重要かという事を教えてくれます。

錦織圭選手の卒業文集

錦織圭選手 卒業文集

「僕の夢」
 この6年間で一番思い出に残ったことはテニスで日本一になったことです。
 練習で一所懸命やった結果が出たと思います。
 全国選抜や全国小学生大会、全日本ジュニアの三つの試合で優勝しました。
 1試合1試合を「絶対勝つぞ」と思ってやりました。そして「優勝」まで行けた時はすごくうれしかったです。


 ぼくはテニスのラリーが長く楽しく続くところが好きです。いろいろなコースに打ち分け、深く打ったり強く打ったりします。チャンスボールが来た時、強いボールを打つのが好きです。決まった時はすごく気持ちがいいです。このショットがいつも打てるように練習していきたいです。


 試合に出ることで友達が増えました。友達が増えたおかげでいろいろな話をしたり一緒に練習したりできます。それもテニスが好きな一つです。


 これからはだれにも負けないように、苦しい練習もぜったいあきらめずに全力でとりくんでいこうと思います。
 夢は世界チャンピオンになることです。夢に向かって一歩一歩がんばっていきます。

テニス 錦織圭選手

テニスへの愛が強く伝わってきます。
好きこそものの上手なれ、という事でしょうか。

やはりテニスは対人スポーツですから、「勝つ」という事へのこだわり。

地道に鍛錬を積むことの重要性を小学生の頃から理解しているのも凄い所ですね。。。

北島康介選手の卒業文集

北島康介選手 卒業文集

「最後に残した三十六・三」
 

 僕は水泳を習っている。速くなろうとしている。そして、大きな大きな夢を持っているそれは早くなって、国際大会でメダルを取り、日本の代表選手に選ばれて、オリンピックに出ることだ。その夢に向かって一歩い一歩近づいていきたいと、ぼくは毎日プールに行って、泳ぎ続けている。 
 
 でも学校のプールは少しちがう。学校のプールはまず速く泳ぐことだけではない。そして速くなることでもない。自分の身を守るためであるということをぼくは頭にたたきこんでいる。もちろん速くなり自分のベストを尽くしていい結果が生まれれば、それはいいと思う。もしそうでなかったら、水泳はとても不思議なスポーツである。ぼくはこの6年間でこのようなことを勉強したのだ。


    「三十六・三」
この記録は小学校最後の記録会で出したタイムだ。きっとずっとずっと心に残る僕のタイムだと思う。今まで早く泳げるようになれたのは、この学校のプールがあったからであり、速く泳ぐことだけでないという事を知ったのも、この学校のプールがあったからだ。自己ベストよりおそいけれども、ぼくはこのタイムに一つの不満ももっていない。それは、僕にとってとても楽しかった学校のプールで出した大切なタイムだからだ。


水泳 北島康介選手

自分の頑張っている競技としての水泳と、学校のプールの目的の違いについて。

そんなテーマを選べるなんて凄いです。凄すぎます。

しかも、心に残る記録として、競技ではなく学校の方の記録を持ってくる。

凄いです。やはり並みではありません。文章としても優れ過ぎています。

石川遼選手の卒業文集

石川遼選手 卒業文集

『将来の自分』 石川遼

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後…高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。
八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

これを目標にしてがんばります。最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば…」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。今は優勝とか関係ありません。中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。その試合で世界から注目される選手になりたいです。

ぼくは勝てない試合には今は出ません。

ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

どの卒業文集を見ていても思うのは、
普通の人が「夢」といえば自分の理想で、あまり実現可能だと思っていないようなものを言うと思うのですが、
こういう人々にとっては、「夢」というのは自分の未来で、実現可能な現実と捉えている
という事です。

これはなかなかできる事ではありません。しかも小学生時点で当然の様にそれが出来ているというのは、とてもとてもすごい事だと思います。

その他卒業文集 良い例

卒業文集というのは、やはり自由に書くのが一番素晴らしいのだと思います。

素直な気持ちを、思った通りにかけば、必ず良い物が出来上がるのではないでしょか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました