親子のスキンシップは愛情ホルモンを分泌させ、脳の発達を助ける?

教育ニュース
「こちょこちょ」は子どもの脳のシナプスを増やす
ハーバード大、スタンフォード大、シカゴ大……一流研究者の200以上の資料×膨大な取材から厳選した「最も子どものためになること」とは? 最新の知見に基づき、最良の子育て法を収録した『子育てベスト100』から、「子どもに今すぐにでもやってあげたい」ことを紹介します。

スキンシップによって分泌される愛情ホルモン

この記事によると、子供とスキンシップを取ると、愛情ホルモンとも呼ばれる「オキシトシン」という脳内物質が分泌されるそうです。

この「オキシトシン」が分泌されやすい人は、周囲の人と良い関係を気付きやすく、記憶力が良くなり、学習能力が高まり、ストレスを感じにくくなるそうです。


魔法の様な物質ですね。。。。
スキンシップの重要性は感じていましたが、脳内物質が関係していたんですね。

記憶力や学習能力にまで影響するとは、、、、、スキンシップ恐るべし。。。。

また、スキンシップを取るのは夕方以降が特に効果があるそうです。

「休息の神経」とも呼ばれる副交感神経が働きだす夕方以降にスキンシップを行うと、さらに効果が高まるとのことです。



東大生や京大生を見ていて思う事は、親子の仲が非常に良いなという事です。

彼らは幼い頃から、親とスキンシップを取って、脳を発達させてきたのかもしれません。

頭をなでて褒める


最近は「褒める」という事の効果について見直されてきており、自動車学校やテニススクールでもでも生徒を褒め倒すところが人気だそうです。

「褒める」自動車学校



子供もやはり、褒めて伸ばすのが一番良いと思います。

やはり東大生や京大生の親は、褒めるのが上手く、彼らは褒められ続けてきたからこそ、優秀な成績を残せたのでしょう。


この記事によると、スキンシップの効果は、頭をなでると一番効果が出るそうです。

勉強したときに子どもの頭を撫でて、褒めてあげるというそれだけで、子供は簡単に東大に合格できるようになってしまうかもしれません。

意外と本当に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました