TVCMでも話題のスタディサプリを無料で利用してみませんか?

子供の才能を発見し育てる方法とは

イチロー教育論

親にとって常に気になってしまうのは、「もしかすると自分は子供の才能を見逃してしまっているんじゃないだろうか」という事です。

イチロー選手も幼い頃もし野球に触れていなかったら全く違う人生を送ることになっていたでしょう。

一体どうすれば、子育てをするうえで子供の才能を見逃さずに済むのでしょうか。

とにかく勉強

将棋のような競技は当たり前ですが、野球でもサッカーでも、どんな競技においても頭を使えないと絶対に活躍することはできません。

史上最強の才能を持って生まれてきたとしても、その使い方がわからないバカであっては何の意味も無いのです。

藤井壮太7段



まずは、子供の頭を良くしてあげるためにとにかく勉強させるしかありません。

子供にどんな才能があるか考えるのは、その後です。

才能の世界ではスポーツが目立つので、どうしても親は「早い頃から」と焦ってしまいがちですが、大抵の才能は幼少期に発見できずとも後に開花させることが出来ます。

弁護士や医者、ゲームプレイヤー、もちろん勉強だって、立派な才能なのです。大きく目立って活躍できるものだけが才能ではありません。

きちんと勉強さえさせていれば、必ず子供は自分の好きな事、特異な事に辿り着き、才能を開花させるでしょう。

日本には「勉強ばかりしているとダメだ」という風潮がありますが、勉強しないほうがもっとダメに決まっているのです。

インドの天才数学者 ラマヌジャン

ラマヌジャンという人物をご存知でしょうか。

ラマヌジャンは圧倒的な発想力で数々の驚くべき公式を発見し、「インドの魔術師」と呼ばれた天才数学者です。

ramanujan



有名な所で言えば相対性理論を発見したアインシュタインや、万有引力で有名なニュートンなど地球の歴史には天才が何人か現れていますが、ラマヌジャンはその中でも人類最高だと評価されることがあります。

その理由は、発見した公式があまりに特殊なものであったからです。


普通数学の公式は、「なんかここに法則がありそうだ」というような仮説を立てて、それからその公式が正しいか考えていくものなのですが、

ラマヌジャンの場合、そういった予想無しにいきなり誰も思いつかなかったような公式を持ち出してきていたのです。

それは私達を含めたこの地球の歴史上の人間の中で、唯一ラマヌジャンだけが出来た事だったのです。

ラマヌジャンはこういった公式を急に思いつく理由として、次のように言っています。

「夢の中で神が現れ、私の舌の裏に書き記していく」



一見、「そんなバカな」と言われるような発言ですが、なんと誰もがその言葉を信じていました。

それくらい、ラマヌジャンが発見してきた公式はとんでもないものだったのです。

神が教えてくれるくらいの事がないと発見できないようなものだったのです。

ラマヌジャンから学ぶ才能の発見方法

ラマヌジャンはインドの貧しい地域出身だったため、ほとんどまともな教育を受けていませんでした。

それでもラマヌジャンが数学の天才となることが出来たのは、15歳の時に「純粋数学要覧」という一冊の本にたまたま出合ったおかげです。

この本が無ければ、ラマヌジャンは数学を学ぶことは無く、地球の歴史に残る公式を発見することはありませんでした。




このような事は私たちの身近にも起こりうることなのです。

弁護士にしても、まず六法全書や法律についての本を読む力が無ければ絶対に才能を発見することはできません。

まずは基礎的な思考力が必要なのです。それを子供に身に着けさせるためにはやはり勉強をしっかりやらせるしかないのです。

夢の中で神様が公式を教えてくれたとしても、その公式を読み取る数学力が無ければ何の役にも立たないのです。

ラマヌジャンが発見した円周率の公式




どんな世界でも、成功している人は必ず優れた頭脳を持っています。

才能そのものに加えて、それを活かす方法をきちんと考える力があったから彼らは成功することが出来たのです。

子供に勉強させなければ、どんなに優れた才能を持っていても見逃してしまう可能性が高くなってしまうのです。

イチロー 卒業文集
イチローの小学校卒業文集


コメント

タイトルとURLをコピーしました