TVCMでも話題のスタディサプリを無料で利用してみませんか?

個人塾と大手塾「塾の選び方」

学習塾教育論

もはや小学校や中学校だけではしっかりとした教育を行うことが難しい時代なので、
最近では多くの親御さんがお子さんを塾に入れることを考えているようです。


せっかく塾に入れるなら一番効果があるところに通わせたいと思うのは当然ですが、本当に多くの塾があるので、どの塾が子供に合っているのかを判断するのは非常に難しい事です。


大手と個人塾の違い

子供に通わせる塾は大きく「大手塾」「個人塾」に分けられます。

個人塾は町によくあるような個人で経営している塾で、大手塾は中学受験塾で言えば日能研や希学園、大学受験予備校で言えば河合塾や駿台のような大きく全国に展開しているような塾です。

日能研
希学園




大手塾と個人塾の違いは大きく分けて二つあります。

目的の違い


個人塾の多くは、「学校の勉強の補助」を目的としています。

個人塾では学校のテストでいい点が取れる様に勉強を教えます。

つまり内容は学校でやっている教科書の範囲です。言わば、くもんに近いものかもしれません。


一方、大手塾は「生徒を受験に合格させる事」を目的としています。

小学生向けであっても、中学生向けであっても、高校生向けであっても、必ず大手塾は「合格者数」を重視しています。

駿台や河合塾であれば、前年の生徒の東大や京大の合格者数。
日能研であれば、灘の合格者数を必ず重視します。

河合塾



なぜならそれが塾の評判となり、入塾してくれる生徒の数に大きく影響するからです。

東大の合格者数が、大手塾の経営に大きく関わるのです。




「生徒を受験に合格させる事」が目的という事は、大手の塾で子供が習う内容は受験向けの内容で、学校の内容を大きく超えているという事です。

同じ足し算でも、小学校で習うものよりはるかに複雑な物をやらせます。

清陵中学校2009算数





このように個人塾は「学校の内容を補助する」のに対して、大手は「学校の内容を超えた勉強をする」という所が個人と大手の大きく違う所です。


一つお伝えしておきたいのは、「受験をさせないつもりの子供は大手の塾に通わせてはいけない」という訳ではありません。

別に中学受験をする予定の無い子供も大手中学受験塾に通わせても問題ないのです。

大手には学力に合わせていろいろなクラスがあり、その子供に合ったレベルを選ぶことが出来ます。

情報量の違い

もう一つの大きな違いは、情報量です。

大手と個人では、集められる情報量が全く違います。

大手塾は全国に展開しているため、今年どこの学校を受験する学生が多いかどの学校が難しいかなどの、受験についての情報はもちろんの事、
どう教えれば子供は一番理解しやすいのかどういう時間割を組むのが適切かといった教え方に関わる事など、
長年のデータから得た勉強に関する大量の情報を大手塾は持っています。

これはやはり個人塾との大きな違いです。

受験や勉強において情報は非常に重要です。

例えば「来年の入試ではこの分野が出る可能性が高い」という情報を持っているのと持っていないのとでは、子供が勉強する内容が大きく変わってきてしまうのです。

実際大手中学受験塾では必ず、受験直前になると情報の全てを集めて作られた予想問題が必ず配られます。

情報の入ってきにくい個人塾はそういう点で不利だと言えるでしょう。



また、大手の講師は、高い給料を払って雇っている勉強のプロ中のプロです。

個人は資金が無いところが多く、講師も大学生であったりすることも多くあり、こういう点でも不利だと言えます。


大手塾や大手予備校と個人塾ではどちらを選ぶべきか

もうお分かりだとは思いますが、もし選べるなら大手塾と個人塾では、圧倒的に大手塾を選ぶ方が良いと思われます。

私も過去に駿台と日能研を利用しましたが、非常に素晴らしいと感じました。


やはり大手と個人では大きな差があるのが現状です。

お子さんがどのレベルであったとしても、大手塾には必ず合ったクラスが用意されているはずです。

私も実際、日能研を利用しましたが、その時はクラスが8個ほどに分かれており、それぞれに別のカリキュラムが用意してありました。

また、経験上、大手であればどこを選んでも大して変わりはありません。

日能研も希学園も、駿台も河合塾もあんまり違いません。

一番通いやすい場所を選ぶのが良いと思います。


最後にもう一つ言えるのは、「ウチの子にはあの塾は着いていけないだろう」諦めてしまうのは一番いけないという事です。

どんな子供も必ず勉強で開花する可能性は持っていますし、大手塾はそのための教育法もよく知っています。


今や学校ではきちんとした教育は出来ず、家庭でしっかりと教育をしたかどうかで
「教育格差」が生まれてしまうという時代です。

もはや以前の様に学習塾は「教育ママ」向けのもでは無く一般的なモノです。
多くの親御さんがお子さんを学習塾に通わせ始めてています。

授業体験を行っているところも多くあります。
是非一度、検討してみてはいかがでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました