教育の最先端、オンライン家庭教師は効果があるか?

オンライン家庭教師の効果オンライン家庭教師

コロナウイルスの影響で、学校に通えない子供が多くなっていると連日ニュースで報道されています。


近年は共働きの家庭が主流となりつつありますし、お仕事と家事の両方をこなしているお母さんは、お子さんが毎日家にいる状況というのは非常に大変です。

子供自身は休みになってラッキーくらいの認識しかない上に、外にショッピングに行くことも出来ませんから、ストレスはたまる一方です。




更に心配なのは、学校にいけないことによって子供が勉強できないという事です。

各学校で宿題やオンライン授業などの対応はあるでしょうが、前代未聞の事態なので、十分な対応が出来ている学校は少ないでしょう。


という事は、家庭で教育に対応しなければならない状況なのですが、そこまで手の回るお母さんは少ないでしょう。

そもそも勉強の教え方がわからないし、子供をやる気にさせるのも難しい。今回はそんな状況に対応するために、オンライン家庭教師は本当に役に立つのかどうかという事を考えてみたいと思います。



家庭学習の目的

そもそも家庭学習は何を目標としてするものなのでしょうか?

「子供に学校の授業の内容を理解させるため」と考えるのが普通ですが、実はこれはどうしても不可能です。

というのも、お母さんは教育のプロではありません。小学校や中学校の教科書がどんな流れになっているのかもご存知ないと思います。

ともすれば、お子さんが学校で今どんな事を習っているのかという事も、あまり詳しくはご存じないのではないでしょうか。

それは日本の教育システム上仕方のない事です。
ならば、急に家庭学習が必要な状況になり「子供に学校の勉強を教えたい」というのもやはり無理な話のです。


では、家庭学習とは何を目的にするのでしょうか。

それは、「勉強に目を向けさせる」「家で勉強するという意識をつける」という事です。


家庭学習では、子供に勉強させて学校の授業の内容を理解させ、無理にテストの点を取らせる必要は無いのです。

そうではなく、子供に「勉強しなければいけないんだな」と思ってもらう。これだけで十分なのです。


勉強というのは、子供が自分から興味を持ち、取り組んでもらわなければ意味がありません。

むしろ、「勉強しなければいけない」と心の中で思っている子供は、今は成績が良くなくとも、最終的には必ず勉強するようになります。

家庭学習というのは、子供が「勉強しなければいけないんだ」と思う入り口でありさえすればい良いのです。

言ってしまえば、内容はなんだって構わないのです。

オンライン家庭教師の意義

とは言っても、せっかく子供に家で勉強させるなら内容もきちんとしたものにした方が良いのは当たり前です。

そこで近年登場したのがオンライン家庭教師です。


今までの普通の家庭教師では、東大生や京大生などの優秀な家庭教師は、その大学の周辺のお家に訪問することでしか授業することが出来ませんでした。

しかしオンライン家庭教師では、全国どこでも優秀な学生の授業を受けることが出来るのです。

そしてオンラインであるので普通の授業と違い、録画して何度も見返すことが可能です。


また、家庭教師は必ず1対1の授業になるという特徴があります。

これは塾や学校とは大きく異なるポイントです。

大勢の生徒を相手にする時は、授業のレベルは一番低い所に合わせなければいけません。ついてこられない生徒が出ては困るからです。

一対一であれば、その心配はありません。

つまり、オンライン家庭教師というのは、家庭学習の「しっかりとした学習は出来ない」という弱点を克服するためのモノなのです。





オンライン授業は、必ずこれからスタンダードになる教育システムです。

東進衛星予備校が初め受け入れられなかったにも関わらず、今や東大合格者数日本一となっている様に、
数年後、子供の教育になくてはならないものになっているはずです。

多くの親御さんが利用するようになっているはずです。

しかし、数年後に始めるのではは遅いのです。

時代の波に、乗り遅れてはいけません。勉強は将来に関わるものなのです。

東大生や京大生の授業が受けられるオンライン家庭教師はこちら

安心かつ効果抜群、数あるオンライン家庭教師の中でもおすすめのものをご紹介している記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました