京大生を育てるにはどれくらいかかるか?教育費はかけた分だけ得になるという話

教育費子育て

子供にきちんと教育を受けさせようと思うと、お金だけではなく子供の時間や親の労力など、大きなコストがかかります。

一度、子供の教育に力を入れようと決心すれば、子供が18になって大学受験を受ける時までの事を考えて計画を立てなければならず、非常に大変です。

その上、上手くいくかわからない。子供は受験に失敗してしまうかもしれませんし、途中で挫折するかもしれません。。。。


教育には常にリスクが付きまといます。


さて、、、そうまでして子供に学歴を身に着けさせる価値はあるのでしょうか。


今回は、子供の教育には合計一体いくらのお金がかかるのか、そして、お金をかけるだけの価値が本当にあるのかという事を、ザックリ計算してみたいと思います。



京大生を育てるにはどれくらいかかるのか?

教育に掛けるお金は人それぞれですし、様々な事情が絡むので正確な値は分かりませんが、

今回は、あるお母さんが子供を京都大学に入れたいと考えたとして、一体教育にはいくらかかるのかという事を計算してみたいと思います。

子供は次のようなルートを通るとします。

小学3年生で大手塾に入れる→中高一貫の難関中学に入学→高校3年生から予備校に入れる→一浪して京都大学に合格

こういうルートを通るとすると、この子供は普通の子供よりいくら多くの教育費がかかってしまうのでしょうか。



小学生の大手塾は、難関コースで大体1年100万円と少しくらいです。
3年間通わせることになるので、合計で400万円としましょう。

そして中高一貫の学校は、普通の公立の学校と比べて、学費が年間30万円程高いようです。

6年間なのでおよそ200万円ですね。

高校三年生からの大手大学受験予備校は、1年で平均70万円程、そして浪人には1年で100万円ほどのようです。


これらを全部合わせると、800万円。

模試の費用や、参考書代、受験費などを大体200万円としましょう。

すると、子供をきっちりと教育しようと思うと、19歳で普通の子供より1000万円ほど余計にかかってしまうことになります。

まぁ、すごくざっくりなのですが、、、、。

京大卒の年収と生涯賃金

さて、1000万円という数字が出ましたが、これは高いのでしょうか。


勿論大金ではあるのですが、ここで京大卒の人の生涯賃金を見てみましょう。

日刊SPA!:「東大卒 vs 京大卒」年収はどっちが上か?


これによると、京大卒の生涯賃金は平均4億2548万円。ちなみに、東大卒は4億6126円です。

そして、日本の大卒全体の生涯賃金は2億8653万円だそうです。

その差は、1億3895万円

大学別年収ランキング




子供を京大生にするための教育に掛かったお金が1000万円に対して、それによって増えた生涯賃金が1億3895万円です。

大体14倍に跳ね上がったという計算になります。


どうでしょう、こう見ると、教育費1000万円という数字はそんなに高いものでは無いような気がしてきませんか?

むしろ、子供の教育にお金をかけないほうが損なような気がしてこないでしょうか?


教育費は損にならない

この結果から言えるのア、教育費はどれだけかけても損にはならないという事です。

もし仮に教育費を1億4千万円かけるなら、損にはなるのですが、、、、

逆に、教育費を削る方が長期的に見るとよっぽど損となるのです。

もし仮に今回の例で、子供が京都大学に合格出来なかったとしても、きっちりとした教育を受けてきた子供は、将来大きな結果を残すはずです。

教育費はかければかけるだけ得になる、魔法の投資ということも出来るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました