コロナはこれからの教育や子供の将来にどう影響するか

最近はテレビのニュースで、「学校にいけない子供達が可哀そうだ」というコメンテーターや、インタビューで、「政府の自粛延長のせいで子供達が勉強できない」と怒るお母さんをよく見かけます。

近年は専業主婦の数がどんどん減っており、お母さんも働いているのが普通な社会となってきているので、学校に子供を行かせられない状況が大変なのは分かるのですが、

こういう状況ですべきことは、怒る事ではなく、「コロナをどう利用してやろうか」と逆転して捉えることでは無いでしょうか。


コロナは教育においてチャンスである。

受験が他の生徒との競い合いである以上、コロナで多くの子供が勉強できないという状況はチャンスだととらえるべきです。

この間にきちんと子供に勉強する習慣を着けさせれば、一気に順位を上げることが出来るのです。


恐らくコロナの時期に真剣に勉強している子供は少ないと考えられ、これから数年の大学受験の難易度は大きく下がるでしょう。

親も子も、これから数年は今までより少ない労力で東大、京大に合格することが可能だと思われます。


しかし、子供にそういった事を予想することは不可能です。

このコロナの状況、親がどういう風に教育に向き合ったかという事が子供の将来に大きく影響します。



コロナ後は教育格差がより広がる

そもそも勉強というのは、学校でしなければならないというものではありません。

私が見てきた「子供を東大に合格させられる親とそうでない親の違い」の一番大きな点は、学校を教育機関として捉えているかどうかという事です。


東大に子供を合格させるような親は、そもそも小学校や中学校を教育機関とは思っていません。

「学校では勉強を教えられるわけがない」と思っているのです。

だからこそ小学生の内から塾に通わせたり、家庭で教育を行おうとしたりするのです。


コロナではっきりしてしまう事は、「親が家庭で子供を教育する気があるかどうか」という事です。

教育に興味のない親の子は学校がないことによって、より勉強に興味を持たなくなり、家庭教育を行う気のある親の子供との差がより広がっていくと考えられます。



どういう風に家庭教育をしたら良いか?

家庭で教育をすると言ってもどういう風にしていいかわからないと思われる方が多いかもしれませんが、
教育というのは家庭や子供によってそれぞれなので、実は正解というのはありません。

家庭それぞれに適したドリルのやらせ方や勉強時間があり、それぞれの子供に得意な分野があります。

重要な事は、親がきちんと教育に興味を持つという事です。

自分の子供には東大なんて無理だと思わないことなのです。

親が教育について真剣に考えてさえいれば、子供は「勉強しなくてはいけないんだな」と暗に理解するようになります。

やり方はどうでもいいのです。親が教育と向き合うことが何よりも重要です。


今はテクノロジーがものすごいスピードで進化し、インターネットを使えば家庭でもクオリティの高い教育を受けることが十分に可能です。

【古文】助動詞「る」「らる」の入試問題にチャレンジ【文法講座第21講】
東進のプロ教師によるyoutube授業


これからの時代、「子供が優秀かどうか」よりも、「親が教育に興味があるかどうか」が重要な時代が必ずやってきます。

「勉強は学校ですればいい」はだいぶ前に時代遅れとなっているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました