TVCMでも話題のスタディサプリを無料で利用してみませんか?

学歴や経済力の無い親が子供の教育に成功する方法

教育論

自分には学歴が無いから、経済力がないからと子供の教育に力を入れることを諦めてはいませんでしょうか?

自分には、自分の子供には東大や京大は無理だと、初めから決めつけてはいませんでしょうか?


東大生の親の約60%が世帯年収950万円だと言われています。

確かに、大学受験、特に難関大学の受験では親の経済力や学歴が非常に大きな影響を及ぼすことは明らかです。

しかし、それが絶対に必要という訳では無いのです。


現に、東大生でも世帯年収450万円以下の家庭が10%以上あるというデータがあります。そして私が実際に京都大学で見た所では、裕福な家庭で育った学生はそれほど多くは感じませんでした。


子供を高学歴にする親には、本当は別の要因があるのです。

教育とは本当は、誰にでも出来るものなのです。

そしてどんな子供でも、東大は難しくとも京大くらいなら合格出来るものなのです。

今回は、子供にしっかりとした教育をするために親にとって本当に必要なものを、ずばりお教えします。

学歴が無い親の勘違い

学歴の無い親御さんがよく言う事に、「私は学歴が無いから子供に勉強を教えられない。だから無理だ。」というものがあります。

しかし、これは勘違いです。

どんな高学歴の親でも、東大出身であろうが京大出身であろうが、子供に勉強を教えることはそんなにないからです。

勉強を教えるのは学校の先生であり、塾の講師です。親が勉強が得意である必要はほとんどないのです。


また、こんな意見もあります。

「勉強の正しいやり方をしらないから、子供に勉強させることが出来ない」

これも勘違いです。勉強の正しいやり方というのはありません。

どんな学生、受験生も、努力して勉強していく中で、試行錯誤しながら自分のやり方を見つけるものです。

勉強のやり方は子供によってそれぞれで、子供が自分で発見していくものなのです。

これも、親が知っておく必要は全くないのです。

基本的に、子供の教育において、親に必要な能力というのはありません。

勉強も受験も、子供が自分でするものなのですから、当たり前と言えば当たり前です。

親の年収や経済力と子供の学歴

では、親の年収や経済力はどうでしょうか。

確かに、河合塾や駿台などの大手塾に通わせたり、有名私立進学校に通わせるにはそれ相応の経済力が必要です。

しかしこれも絶対に必要だという訳ではありません。

塾が無くとも難関大学に合格することは可能です。

大手予備校に通っていることは、イメージほど受験に優位には働かないのです。


受験というのは満点を取らなくても合格できます。

例えば、京大の工学部の二次試験は、半分と少しくらい点数を取れれば合格してしまうのです。

7割8割安定して取れるようになろうと思えば、予備校で教えられるテクニックが必要でしょうが、合格するだけなら独学でも何の問題もありません。


また、世の中にはあらゆる参考書があり、大手予備校の講師が出版しているものもあります。

そういったものを上手に使えば、大手予備校の授業に負けない知識を得ることは十分可能です。


更に、現代はインターネットが飛躍的に発達した情報社会となっています。

受験の情報や先輩たちの意見など、これまでは予備校でしか手に入りにくかった情報も、インターネットを通して簡単に手に入れることが出来ます。

なんと最近では大手予備校の講師が無料でyoutubeで講義をしてくれているという例もあります。

私も実際に見てみましたが、実際の東進の授業と変わらない驚くべきクオリティです。さすがプロです。

このように、これからの社会では無料かつ質の高い受験コンテンツがたくさん出てくると思われます。


「予備校に通わなければ」「親に経済力が無ければ」東大や京大に合格できないという考え方は、もはや時代遅れになりつつあるのです。

【古文】五十音図・活用形・語幹・活用語尾【文法講座第1講】
東進 吉野先生の授業


意識の違い

親の学歴も経済力や年収も関係ない、、、ならばなぜ「東大生の親は東大生」という事態になってしまうのでしょうか。

それはもう「親の意識の違い」というほかありません。

東大生の親は、子供が生まれた瞬間から「この子にはきっちりとした教育を受けさせて将来幸せになってもらおう」と決めています。

はっきりとは思っていなくても、「優秀になるように育てたい」という思いが必ず心の中にあります。


これこそが、東大生を育てる親とそうでない親の違いなのです。

「子供を優秀にしたい」と意識しているかどうか、実際の育て方には大きな差はなくとも、この意識の差は非常に大きいのです。


例えば、子供の頃からお寿司屋さんになりたいと思い、18歳で修業を始めた人と、特にお寿司屋さんになりたいとは思っていなかったけれど、18歳で修業を始めた人がいたとします。

実際に修業を始めたのは同じ18歳なので、条件に違いは無いはずです。

しかし、子供の頃からお寿司屋さんになりたいと思い、常に意識していた人は、例えばテレビでお寿司屋さんの事をやっていたら必ず真剣に見たはずですし、どんなマンガや雑誌を見ていても、お寿司の事が載っていたら必ず目を通したはずなのです。

それが積み重なった18年は、非常に大きな経験値となって、お寿司屋さんになりたいと思っていなかった人とは、大きな差が出来ているのです。


このように、意識の差は、結果に大きな違いを産みます

子供を優秀にしたいと意識している親は、どんな小さな情報も見逃しませんし、子供の頭にちょっとでも良さそうな事なら、小さなことでも全部試します。

子供が出来るだけ勉強しやすい環境を作ろうとします。

この積み重ねの18年間が、東大という結果となって返ってきているだけなのです。


学歴や経済力のない親は、自信がありません。

自分には出来ないと思って、子供を優秀にしたいと思う事すらしていないのです。

とにかく、自信を持ってください。

自分を信じて、お子さんを信じてあげて下さい。

そして、子供が勉強しやすい環境を作ってあげて下さい。

遅すぎるという事はありません。

大学受験に必要な能力というのは、イメージほど高くは無いのです。

全ての子供は、京大くらいなら合格できるはずなのです。


でも、このサイトに辿り着くような方なら、既にお子さんの教育について真剣に考えているでしょうから、あまり意味は無いのかもしれませんが。。。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました