TVCMでも話題のスタディサプリを無料で利用してみませんか?

実際に京大生に聞いた『学歴があって良かった事』ランキング5

学歴



今回は、の京大生達がどんな事を学歴のメリットと捉えているのか、学歴があって良かったと感じるのはどんな時なのかという事を5つ、ランキング形式でご紹介したいと思います。

この記事は知り合いの数人の京大生にインタビューをして作成しました。

そこまで大きな数ではないので全体の意見とは言えませんが、実際の彼らの実感がどのようなものなのか という事を感じて下さい。

子供の教育にお金をかけるべきかどうか悩んでいる、コストとメリットが釣り合うのかわからない、という親御さん方の一つの指標となれば幸いです。

京大生の思う「学歴のメリット」ランキング

一位 就職

二位 親が喜ぶ

三位 頭が良くなった

四位 自信が持てる

五位 信用がある

一位 就職


一位は圧倒的に就職です。

日本は本当に就職活動において学歴の力が強く、どんなにダメな学生でも努力しない学生でも、高学歴でさえあれば大企業に就職することが出来ます。

他の学生が気の毒に思えるほどです。

現在も大企業に難関大学出身の人が増え続けている以上、この先もこの流れは変わらないでしょう。

例えば、私がかつて在籍していた京都大学では、就職活動はほとんど飾りでした。形だけのものです。

学生は「年収ランキング」とか、「人気企業ランキング」の上から順番にエントリーし、面接では適当に嘘をついて実績を話し、企業側は印象が悪くさえなければ取り敢えず内定を出す。

私は悪いことだとは思ってはいませんが、とても一般に思われているような人間性とか会社でどう活躍できるかという事を考慮するためのものではありませんでした。

そこにあったのは「完全なる学歴採用」です。学歴の低いものは面接にすら至りません。

日本で最強の肩書はどう見ても「高学歴」です。これさえあれば一生食うことが出来るのです。




そういう空気感を読み取り、実際の京大生はやはり「就職」を学歴のメリット一位として挙げているようです。


二位 親

驚くべきことに、彼らが学歴のメリットとして二位に挙げたのは、「親を喜ばせられるという事」でした。

この事から分かるのは、京大生の多くは、入試での合格というのを、「自分の力100%」だとは感じていないという事です。

もし自分の力だけで彼らが合格していたのだとしたら、このランキングに上がってくるのは「達成感を感じられた」という事になるでしょう。

しかし実際は、彼らは自分の力だけで合格してきたわけではありません。

現在の受験は親の協力ありきでしか成功できません。

それにきちんと気付いているからこそ、「親を喜ばせられた」という事がこのランキングに載ってきているのでしょう。

3位 頭脳

3位は学歴のメリットというよりも、学歴を手に入れる過程で獲得した「頭脳そのもの」がランクインしました。

「受験」というのはそれを通して、ただ数学の公式や物理の法則なんかの知識が増えていくわけでは無く、頭脳そのものが良くなっていくものなのです。

やっぱり努力は人を大きく成長させるわけです。

その成長を彼らは実感していて、それこそが学歴のメリットであると彼らは語るわけです。



4位 自信

4位は、自信です。

これは、「アイツよりも賢い」という他人と比べての自信と、「自分は努力してきちんと目標を達成できた」という自分の中での自信の両方です。

これがあれば、色んな事に挑戦できますし、人と話すときも堂々と喋ることが出来、人生の全てに有利に作用します。

私はこれが学歴の一番重要なポイントではないかと思います。

日本では「学歴」があればとりあえず凄い人だと勘違いされます。

例えば東大生という肩書があれば、おかしな行動ばかりとっている人であってもそこに意味があるような気がしてきてしまうのです。

学歴が与えるのは、「行動の自由度」です。

「自分だったら何でもできるはずだからやってみよう」という気持ちと、「何をやっていても一応他人から許される」という状況こそが、学歴の与えるものなのです。


5位 信用

学歴のメリット第5位は、「とにかく信用されやすい」という事でした。

バイトに応募する時や、親戚と話す時、

とにかく話をとりあえず聞いてもらえる。

普通の大学の学生や、高卒の人なら、半分くらいの耳でしか聞いてもらえないような事でも、京大という看板があれば、一応真剣には聞いてくれる。

彼らはこういった「看板」としての学歴の価値を5番目に挙げました。

まとめ

私が話を聞いた京大生は数人でしたが、こう並べてみるとかなり学歴というものの本質を突いたランキングになったのではないでしょうか。

学歴の効果は、「他人に対する効果(信用など)」、「自分に対する効果(自身)」、「それを手に入れる過程での効果(頭脳)」という3つがあることが分かりました。

彼らは恵まれた家庭で育っているため、学歴の無い人との差をそこまで知っている、または感じているわけではありません。

そんな中でも、彼らがきちんとメリットを感じているという事は、実際の「学歴のメリット」はとんでもなく大きいという事でしょう。

もしお子さんの教育にお金と時間をかけるか迷っている親御さんがいらっしゃいましたら、学歴には十分なメリットがあるという事は私が保証します。

そして、お子さんも教育に関する親の苦労に、そしてしっかりと教育を受けさせてくれたという事実に、きちんと将来感謝出来るのだという事は、このランキングの2位が物語ってくれているのです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました