東大生や京大生も含め、全人間が勉強嫌いな理由

勉強 苦手お悩み

ほとんどの人類は勉強が嫌いです。

実は東大生だろうが、京大生だろうが、勉強が大嫌いなのは変わりません。


それは何故なのでしょうか?

東大生も京大生も勉強が嫌い。

東大生や京大生は四六時中勉強ばかりした末に大学に合格したと思われがちですが、実際はそうではありません。

むしろ、彼らは普通の人より勉強が嫌いです。

出来る限り勉強せずに生きたいと願っています。

彼らは大学の授業を他の普通の大学生と同じようにサボりますし、授業中は寝ますし、テスト前の一日しか勉強しません。


彼らは、出来る限り勉強を省こうとするのです。

出来る限り効率よく、出来る限り勉強時間を減らして結果を出すことを考えています。

「出来るだけ勉強しないこと」をずっと心がけてきた結果、超効率で結果を出す方法を編み出し、東大や京大に合格することが出来たのです。



なぜ人間は勉強が苦手なのか

脳はエネルギーを使い過ぎる

恐らく理由のひとつは、勉強は莫大なエネルギーを消費することがあると思います。

脳は体重の2.5%の重量しかないのにも関わらず、一日に消費するエネルギーのうち、20%を持っていってしまうそうです。

人間の身体としては、出来るだけエネルギーを消費したくないわけですから、勉強をせず、出来るだけ脳を使わず生きていこうとします。

それが、勉強嫌いの一端となっているのではないでしょうか。


単純に考えて、勉強するのは誰にとってもしんどい事ですもんね。

しんどいことは誰もやりたくないのです。

勉強には終わりがない。

そして、もう一つの理由として、「勉強は終わらない」という点があると思います。

勉強というのは、どんなに必死にやったとしても、終わりがありません。

どんなに問題を解いても、分からない問題がやってきます。

東大を首席で合格するような人にも、分からない問題があります。

人類全体で解けない数学の問題もあるくらいです。

勉強というのは、終わりが無いのです。どれだけやっても、永遠にクリアすることはできません。

終わらないことに取り組むのは、誰にとっても苦痛です。

数学 未解決問題

https://ja.wikipedia.org/wiki/数学上の未解決問題

勉強は、出来なくていい

全人類が嫌いな勉強は、無理して好きになろうとしたり、子供に好きになってもらおうとすることはありません。

勉強は、出来なくていいのです。

例えば、京大の工学部は、半分と少しの点数で合格できます。

出来ない問題は捨てて、簡単な問題をきっちり取れれば、ちょうど半分と少しくらいになるはずです。


完璧でなくても全く問題ないのです。

完璧にやろうとすると、より疲れて、より勉強が嫌いになってしまいかねません。

「勉強はどうせできない」という気持ちで、勉強するのが、勉強の何よりのコツかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました