家庭学習のポイント、子供に「毎日」勉強させることの重要性

勉強 継続お悩み

家庭学習を行おうという親御さんはこれからどんどんと増えてくると思いますが、家庭学習には学校の勉強と異なる点として、「子供に任せなければならない」という事があります。

というのも、授業のような形を取らず、ドリルをやらせたり、オンラインで教材を子供が自分でこなしたりという形が基本になるので、子供にやる気が無ければ家庭学習は何の意味もなさなくなってしまうのです。

今回は、家庭学習を行う上で、親が絶対に気を付けなければならないことを一つ、ご説明します。

勉強は毎日やらせる

家庭で学習をを行うと一度決めたら、子供には必ず毎日やらせなければいけません。

それが漢字ドリルであっても、計算問題集であっても、必ずノルマを決めて毎日やらせなければいけないのです。

なぜ家庭学習は「毎日」やらなければならないのか

「毎日」勉強させなければいけないというのは、勉強時間の確保のためではありません。

勉強というのは、子供にとって嫌なものです。面倒くさく、子供は出来る限りやりたくありません。

これは仕方のない事です。しかし、親が工夫をすればこの「勉強が嫌だ」という気持ちは取り除くことが出来るのです。

逆に言えば、家庭学習においてこれだけが親の仕事です。やることを決めて、子供がやる気を持って取り組めるように工夫する、これが家庭学習です。

子供の「勉強が嫌だ」という気持ちを取り除くためには、「勉強するのが当たり前だ」という状況を作らなければいけません。

そこで、「毎日やる」という事です。勉強を毎日やらせることによって、勉強を習慣化してしまうのです。

お風呂に入るのが嫌だという子供はあまりいないはずです。

それは毎日入るのが当たり前の事になっているからです。

「毎日勉強するのは当たり前」そう感じることが出来る様になれば、勉強のハードルは大きく下がります。

子供が、勉強に向かいやすくなるのです。


毎日毎日勉強していれば、体は自然と机に向かいます。

普段ダラダラしていて、急に机に向かおうとするから、大きなエネルギーが必要になるのです。

ミッキーやディズニーランドを産み出した、ウォルト・ディズニーの言葉にこんなものがあります。

Walt Disney

The special secret of making dreams come true can be summarized in four C’s. They are Curiosity, Confidence, Courage, and Constancy.

夢をかなえる秘訣は、「4つのC」に集約される。それは、「好奇心」「自信」「勇気」そして「継続」である。

このように、ディズニーが夢を叶える秘訣として、最後に置いたのが「継続」です。

勉強も同じで、毎日継続してやらなければ意味がありません。s

まとめ

一日だけを見ればドリルを1ページやっただけでも、それが何年も積み重なれば非常に大きな力となるハズです。

勉強は誰だって嫌なものです。それは東大生だって京大生だって変わりません。

お子さんの勉強を楽にしてあげるためにも、ぜひ、「毎日する」という事を心がけてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました