宿題を利用して子供の集中力を鍛える方法とは?

集中力 鍛え方お悩み

ゲームをさせると何時間でも遊び続けられるのに、勉強をさせると30分と持たない。

これは多くの親御さんが抱えている悩みですが、どうすれば子供は長く勉強し続けてくれるようになるのでしょうか?

今回は、宿題を利用してお子さんの集中力を高める方法をお教えします。

集中力の限界


人間の集中力の限界については1時間だとか、30分だとか、色々な研究結果や論文があるのですが、
東大の授業が1コマ90分であることから、大体普通の人の集中力は45分続けばいいくらいだと考えてよいでしょう。

子供なら、勉強は30分集中できればいいくらいだという事です。それ以上はやっぱり厳しいのです。

集中力を鍛えるというのは、「集中する時間を延ばす」というよりも、「時間をギュっと密なものにする」という風に考えた方が良いでしょう。

子供には、1時間も2時間も勉強する力を着けさせるのではなく、30分で2時間分の勉強をやる力を身につけさせなければなりません。


集中力の鍛え方

とにかく「宿題」を短時間で終わらせる癖を付けさせる。

子供に集中力を付けさせるには、とにかく「短時間」で勉強をこなさせるようにすることです。

とにかくこの宿題を短時間でこなさせるようにするのです。

内容は雑でも構いません。宿題なんて本当はやらなくても問題ないからです。

とにかく短時間で終わらせることを心がけさせ、宿題をダラダラやらせない。

これだけで子供の集中力は鍛えられていきます。

マークザッカーバーグ

宿題を早く終わらせられる子供は、勉強ができる

宿題を出来るだけ高速で片づけるクセを身に着けた子供は、どんなことでもとにかく短時間でこなそうとするようになります。

何かを短時間でこなそうとするには頭を使って合理的に考える必要があり、ゴールから逆算してどれが最適な方法なのかを見つけ出さなければなりません。

すなわち、何かを短時間で終わらせようと考えている子供は、常に頭を使って作業に挑んでいるという事です。

これは宿題だけの事ではありません。お使いや片付けなど、全てにおいて頭を使ってこなすようになるのです。

これを何年も続けたら大きな効果があるはずです。

また、宿題を「短時間」で終わらせることは子供の勉強に対する苦手意識を減らす効果もあります。

子供が勉強を嫌がる気持ちは「面倒だから」「出来ないかもしれないから」という二つのネガティブな感情から来ています。

宿題を短時間で終わらせるクセはこの二つをいっぺんに解決できます。

まとめ

宿題を短時間で終わらせるクセを付けさせるだけで、子供の勉強は全てが変わります。

多くの親御さんは、勉強はたくさんしなければならないものだと考えていますが、実際はそうではありません。

勉強で重要なのは、「いかに勉強しないか」という事なのです。

京大生は、実はほとんど勉強しません。授業中も寝ており、勉強をするのはテストの直前だけです。

しかし、そこに全ての集中力を注ぎ込み、結局はどうにかしてしまうのです。

勉強ばかりしている他の大学生よりも、勉強をしない彼らの方が、よっぽど優秀であると言えるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました