受験生必読!京大の数学は「適当でいい」という感覚で勉強すべき

大学受験

京大理系の入試において、数学の点数の比率が非常に大きいことは言うまでもない事ですが、数学というのは受験勉強の初めの頃はどう勉強して良いか全くわからないものです。

英語なら単語を覚えたり、英文を読んだりして勉強を始める。物理や化学なら、公式を覚えて、問題を解いていく。

しかし数学は問題の解き方を自分で発想する必要があるため、公式を覚えただけでは解くことが出来ず、どう勉強していいかもよく分かりません。

京大工学部 配点
京大工学部 配点
京都大学の入試科目および配点 | 京都大学入試情報2020 | 京大塾
京都大学から発表された「京都大学の入試科目および配点」ついてまとめました。「入試情報」では、京都大学をめざす受験生が知っておきたい情報を掲載しています。

京大数学はザックリ勉強する

京大数学の勉強法は、私は一つしかないと思っています。

チャート式青を全部終わらせる→過去問をこなす

これが数学の勉強の全てです。実際私はこれ以外やりませんでした。

世の中この二つ以外にも、色々な数学の問題がありますが、それらは全て数学の全てを理解するための問題です。

受験数学では数学なんてものは理解しておく必要はありません。問題さえ解けてしまえばわかっていなくてもいいのです。


例えば、大学への数学という本があります。

大学への数学 1対1対応の演習

この問題集をやっている友達を見て、「うわやってない」と焦る受験生はよくいるのですが、こんなのやらなくても全く問題ありません。


大学への数学は数学を「本質」から理解するための本です。

受験数学では数学の本質まで分かっている必要は全くありません。

例えば、円に並んだ6人の人の並び方は(6-1)!通り と言うのがありますが、なぜ-1するのかは実際よくわかっていなくてもいいのです。

わかっていなくても問題は解けるからです。

重要な事なのですが、京大の数学では、

もちうる手段を使って問題をどうにか解こうとする頭の使い方は求められるが、そこまで本質的なことは問うてこない

という事を覚えておいてください。

つまり、公式の使い方がわかっていればいいという事です。

公式がどうしてそうなっているのかまでは分かっていなくとも問題ないのです。

これは勉強の本質からは離れてしまっているかもしれませんが、京大に受かるという目的だけを見れば正しいのです。

受験勉強はどこにどう時間を割くかが重要です。

チャート式の青を全部やれば、公式の使い方はすぐにわかるようになります。

あとは、過去問を解くだけです。

過去問を解くときには、どういう時その公式を使うかという事と、その問題がどれほどの難易度なのかという事を意識します。

こういう問題にはこれを使う。
という事がわかってくれば大丈夫です。点数はすぐに出るようになります。

傾きを知りたい→微分するんだろうな
こんな感じです。

京大は1年に絶対に1問は難易度が高すぎる問題を混ぜてきます。

そういう問題は別に解けなくていいので過去問をやるときも無視します。

とにかく、数学は適当でいいという事を意識することが大切です。

過去問が終わってまだ余裕があれば、京大実践模試の過去問などをやるといいでしょう。

実践模試はやっておくと必ず役に立ちます。とにかく実践を見据えて、出来る問題を見極め、素早く解く練習をすることが大事です。

本番意識すべきことは、とにかく簡単な問題をこぼさないようにすることです。

落ち着いてどれが簡単なのかを見極め、ミスのないように回答していく。

これだけで京大の数学は十分な点数が出るはずです。

まとめ

数学の勉強で意識すべきなのは、「これは別に出来なくてもいい」と思い込むことです。

一問で詰まっていては先に進みません。折り目でもつけて気が付いた時に先生にでも聞くか、最後の受験本番まで分からないままでも問題ありません。

とにかく自信を失ってはなりません。数学は適当でいいのです。

勉強した内容のほとんどは、出題されないのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました